Back
logo01
menu
ご予約
LINEに送る

これから期待される若手を迎えて
中村真トリオ+安藤康平

安藤康平(sax)
中村真(pf)
落合康介(b)
大村亘(ds)

日時:2018年07月08日(

開場:19:30 / 開始:20:15

チャージ:¥2,500-+2オーダー
予約すると200円引き

出演者紹介:

安藤康平 (サックス)

 1989年生。幼少より様々なジャンルの音楽、楽器に親しむ。
 中学入学とともにJazzSaxを独学で始め多くのバンドに参加し演奏経験を積む。その後音楽大学へ進学し理論、奏法を小濱安浩氏、池田篤氏、勝田一樹氏等に師事。
 在学中に単身渡米。ニューヨークのミュージシャンと親交を深め、多くのセッション、ライブに参加。Soul,R&Bの聖地"Village Underground"のセッションにて好評を博し、毎週のホストバンドに参加する。
 帰国後は日本を代表するジャズピアニストであるクリヤマコト氏の主催するコンテストで準グランプリを受賞し、同氏とBlue Noteにて共演を果たす。
 "第42回山野ビッグバンドジャズコンテスト"において最優秀ソリスト賞を受賞。さらに同年"東海ビッグバンドコンテスト"においても同じく最優秀ソリスト賞を受賞する。
 現在では"WONK"、"ものんくる"など同世代のバンドとの活動を中心にアンダーグラウンドシーンから、メジャーアーティストのサポートや映画・テレビ音楽のレコーディング等の活動まで幅広く活躍する。
 2017年より自身のソロプロジェクト"MELRAW"を始動しアルバム"Pilgrim"をリリース。現代ジャズシーンの新たな動きとして注目を集めている。

webpage: http://anpan5150.wixsite.com/anpan5150


中村真 (ピアノ)

 1972年1月14日大阪府豊中市生まれ。
 邦楽家の父の影響で幼少の頃より音楽に親しみ、4歳からピアノを始める。
 高校時代よりジャズに傾倒し、独学でジャズピアノを学ぶ。
 大学在学中よりプロ活動を開始し、関西を中心とした音楽活動を展開後、2000年上京。
 数多くのアーティストののアルバムにやコンサートに参加。また韓国のトップジャズサックス奏者であるチョン・ソンジョ氏とアルバムを2枚制作。日本でも発売される。
 綾戸智恵のコンサートツアーにも参加。東京国際フォーラムでのコンサートの模様はDVD化されている。

 2002年、作曲家の木村知之氏と結成したポップ・アヴァンギャルド・ジャズグループ「キムサク」のファーストアルバムをリリース、ユニット解散後、ソロ活動を本格化させ、三枚のソロアルバムをリリースする。
 ライブハウスやコンサート会場を行き来するだけの演奏活動に漠然と疑問を持つようになり、自転車による全国ソロピアノツアーを企画。
 2006年5月より、大阪~青森、北海道、九州、大阪~四国~北九州と4つのツアーを3年間にわたり行う。
 自転車ツアーを終え、新たな芸術活動のあり方を模索する中、大分県中津江村中津江ホールを1週間借り切り、志し等しく持つ多ジャンルのアーティストと集い、後進を育成しつつ創作活動をする「中津江ミュージックキャンプ」を主催する。キャンプはその後、金沢、富山と場所をを変えながら継続している。
 それらの動きは現在「にはたづみプロジェクト」という名称で、ワークショップやコンサート事業、レコードレーベル運営、銀座のアートスペース「space潦」運営等を通して、非営利の団体による21世紀の新しい芸術活動のあり方及び、芸術活動保証のあり方を提案している。
 スタンダードやオリジナル、日本の唱歌、純粋即興等、ジャンルにこだわらない彼のピアノの特徴の一つに、美しく多層的な音色にある。
 ジャズという言葉だけでは到底語ることは出来ない。

リーダー作品

  • solo piano vol.1 ~a drifting map of the wavering view~(ewe records)
  • solo piano vol.2  ~standards~(ewe records)
  • solo piano vol.3 ~紡がれた印象~When the wind blows over the water, You can see the shape of the wind on the water. (ewe records)
  • 中村真トリオ~edelweiss~(ewe records)

プロデュース作品
  • キムサク ツナガレタアオ(ewe records)
  • 木原鮎子 Seasons(にはたづみレコード)
  • 小泉やよい reflection(にはたづみレコード)

webpage: http://makoppo081.web.fc2.com/


落合康介 (ベース)

 1987年神奈川県生まれ千葉県育ち。小学生の頃ピアノの先生にジャズを勧められ興味を持つ、中山静雄の影響で大学よりコントラバスを始める。ジャズを田辺等、山下弘治、クラシックを高西康夫、田辺和弘に師事。
 自己のリーダーバンド、シブイオカズモキタでは、かみむら泰一、小林豊美、古和靖章、池澤龍作、charu、その他、田中信正作戦失敗トリオ、市野元彦time flow quartet、寺井雄一quartet、即興音楽を通じて様々なミュージシャンと演奏を重ねる。

webpage: http://skbss117.exblog.jp/


大村亘 (ドラム)

 ドラム タブラ 作曲

 1981年、東京生まれ。
 幼少の頃からアメリカで育ちクラシカルピアノを通じ音楽と触れ合う。中学生の頃に渡ったオーストラリアで本格的にドラムを学び始める。シドニー大学音楽院に学び、オリジナリティを何より大事にする気風のなかにあって、演奏ばかりか作曲でも高い評価を受けた。
2011年6月、D-musicaから発表した『Introspect』がデビュー作
http://www.d-musica.co.jp/release/12.html】。
 現在はBungalow、小沼ようすけ、中村真トリオ、その他海外の多くのミュージシャンとのコラボレーションで活躍中。東京ジャズや横浜ジャズプロムナードをはじめ国内の主要なジャズフェスにも多数出演。海外公演でも、アメリカ、オーストラリア、台湾、香港、中国、インドと幅広い活動を展開している。

webpage: http://kojazz0829.wixsite.com/1981


Close

電話・メール

050-5881-2231

電話を掛ける

info@nakanopignose.sakura.ne.jp

メールを書く

copyright by Nakano Pignose 2015

Close

Login

Close

電話・メール

080-2075-9849

電話を掛ける

info@nakanopignose.sakura.ne.jp

メールを書く