Back
logo01
menu
ご予約
LINEに送る

安田和生 presents

安田和生(pf)
高澤綾(tp)
名知玲美(vo)

日時:2020年03月07日(

開場:14:00 / 開始:14:30

チャージなし。
ミュージシャンへの投げ銭+2ドリンクのご注文をお願いします。

出演者紹介:

安田和生 (ピアノ)

【安田和生の自己紹介】
東京都青梅市出身のヒーリング系でハートフルなジャズピアニスト。
初めはヴァイオリンを手にしたが、ピアノに興味を持つ。
幼少の時に須田真美子さんにクラシックピアノを師事。
中学の時に鈴木直人氏にギターを師事。鈴木素子さんにピアノを師事。
高校の時に梅村仁氏、上田和史氏、武藤智氏にギターを師事。
佐倉一樹氏にキーボードを師事。
現在、ジャズを勉強しつつ作曲・LIVE活動中。
YouTubeチャンネルもありますので、よかったら見てみてください(^^)

リーダートリオ

webpage: https://ameblo.jp/pianotanoshiina/


高澤綾 (トランペット)

Aya Takazawa
10月29日生まれ A型

 2016年アメリカ最大級のジャズフェスティバルNew Orleans Jazz And Heritage Festivalに招かれ、Jason Marsalis(d)Wessell Anderson(as)中村健吾(b)を含む日米混合メンバーでの出演を果たし、2017年同メンバーで録音されたフルアルバム「Crescent City Connection」でキングレコードよりメジャーデビュー。
 2016年横濱ジャズプロムナード主催デトロイトジャズフェスティバルコンペティションでの準優勝など、国内外での評価も高くその活動範囲を広げている。

 5歳よりピアノ、10歳よりトランペットを始める。 国立音楽大学卒業、東京交響楽団主席奏者熊谷仁士氏に師事。
 在学中よりニュー・タイド・ジャズ・オーケストラに所属し、山野ビッグバンド・ジャズ・コンテストに入賞。
 卒業後は様々なサポート活動やレコーディングに参加し、 中でも東京ブラススタイルではジャズCDとして異例のセールスを記録。
 2009年NY国連本部にて行われた世界人口基金表彰式典にソリストとして招かれNew York Symphonic Ensembleと共演、日本人初の独奏を務め各国大使よりその表現力を絶賛される。
 2010年JAZZ JAPAN誌、2011年ジャズ批評誌に要注目ミュージシャンとして取り上げられ、2012年満を持してのファーストアルバム「PATTERNS」をリリース。
 同年日比谷公会堂でのサマージャズにピアニスト今田勝氏のバンドで出演、2013年にはグラミー賞ノミネート・アーティストであるHector Martignon(p)氏の来日公演にメンバーとして参加。
 DJ須永辰緒氏のバースデークルーズや、Monterey Jazz Festival in Notoにも自身のグループで2013年と2017年に出演し、Manhattan Jazz Quintetやオルケスタ・デ・ラ・ルスとの共演など精力的に活動を続け、2014年には日野皓正氏の弟であるドラマー日野元彦氏の追悼ライブに峰厚介(ts)氏のバンドのメンバーとして参加、Montreux Jazz Festival in Kawasaki 2014には、トップバッターとして自身のバンドで招かれている。
 アメリカNew Orleans滞在時にはDelfeayo Marsalis率いるUptown Jazz Orchestraにも参加、Dirty Dozen Brass Bandの来日公演にも参加するなどニューオリンズジャズにも造詣が深い。

 土岐英史(as)林栄一(as)大森明(as)近藤和彦(as)矢野沙織(as)小林香織(as)中村誠一(ts)Nicholas Payton(tp)TOKU(tp)Leroy Jones(tp)Kermit Ruffin(tp)中牟礼貞則(g)井上智(g)宮之上貴昭(g)市川秀男(p)今泉正明(p)納谷嘉彦(p)吉岡英晃(p)佐山雅弘(p)椎名豊(p)山本剛(p)John Di Martino(p)KANKAWA(org)金澤英明(b)安ヵ川大樹(b)俵山昌之(b)大坂昌彦(d)本田珠也(d)大隅寿男(d)Fukushi Tainaka(d)など共演者多数。
 ライターとしてジャズ専門誌や管楽器専門誌への寄稿、Bill Adam(tp)やLaurie Frink(tp)のメソッドによる吹奏楽やビッグバンドの指導、個人レッスンなどの後進の指導にも力を入れている。

webpage: http://ayatakazawa.com/


名知玲美 (ヴォーカル)

(なち れみ)
明治大学文学部演劇学科卒。在学中ロンドンに短期留学。 声楽を基礎にVocal&danceを習得。
その歌唱力が評価され、多くの音楽事務所からオファーが殺到、1999年、仲間と結成したDance Chorus Group「AN-J」として、TBSドラマ「週末婚」の主題歌でAVEXよりメジャーデビュー。
JAZZボーカリストとしては、金丸正城氏、チャリート氏、マーサ三宅氏、ニューヨークにてBeverley Hanshaw氏らに師事。2013年The Japan Jazz Vocal Jamboree,浅草Jazzコンテスト出場。多摩地区を中心に、都内各所でライブ活動中。
2013年 浅草ジャズコンテストヴォーカル部門グランプリ
2015年 アルバム「A PRELUDE TO A KISS」をリリース

AN-J
歌って踊れるダンス・コーラス・ユニットを目指し、ライブ活動をしている中、ライジング・プロダクションの平社長の目に止まり、AVEXよりメジャーデビュー。

音楽番組「HEY HEY HEY」「うたばん」「ミュージックステーション」「夜もヒッパレ」「青春のポップス」等多数出演。
2枚目、3枚目シングル「What's going on?」「Someday」でブルボン「モンプーレ」CMタイアップ、アーティストとして出演。
4枚目シングル 「Stay for me tonight」 Debuyaエンディング。ラジオ出演多数、etc. クラブツアーの傍ら、ライジング スターライトスタジオにて KidsDanceクラス講師を務める。

■wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/AN-J

Produce
シンガーとして活動する傍ら、作曲家、ヴォイストレーナー、プロデューサー、としても活動。
作曲家としてw-inds アルバム曲、シングルカップリング曲を提供する。

2004年には、多摩市にjellyjam vocal&dance schoolを開校。キッズやママ向けのゴスペルレッスンを行い、キッズのCDもプロデュース。
リズム7においても講師を兼務。ヴォイストレーナーとして、声楽の発生法を基盤にポップス~R&Bに通用する声を作り上げるメソッドを展開。デビューを経験したknow howを活かして若手アーティストを指導、実践に向けたレッスンに取り組む。

webpage: http://www.nachiremi.info/


Close

電話・メール

080-2075-9849

電話を掛ける

nakanopignose@softbank.ne.jp

メールを書く

copyright by Nakano Pignose 2015

Close

Login

Close

電話・メール

080-2075-9849

電話を掛ける

nakanopignose@softbank.ne.jp

メールを書く